使用具合に差がある

土のう袋

口コミも参考にしよう

土のうは様々なところで様々な用途に使われています。ですが従来型の土を詰め込むタイプのものは、いざという時に時間がかかる上、保管も大変です。そのような状況をふまえて、近年では吸水土のうという水を吸わせるだけの土のうが登場してきています。水を吸わせるだけでよいので、土を詰め込むという面倒さがなく、災害時などにも手早く使えます。また乾くと軽くなるため保管したり運んだりするときにも非常に便利です。ただ一般的な土のうよりも高いというのがネックですが、需要が高まっているため、近年は様々なメーカーから販売されており、価格も安くなってきています。ただ様々なメーカーから販売されているため、性能もピンキリです。吸水土のうは大きく分けると麻製と不織布製に分けられますが、近年販売されて評判がよいのは不織布製のものです。麻製のものは吸水させるとドロドロした感じになったり、吸水ポリマーが出てきたりという弱点があるため、近年ではあまり使われなくなってきています。これから吸水土のうを買おうという場合は多少割高でも不織布製を選ぶのがおすすめです。また、吸水させた後の重量にも注目すべきです。吸水土のうを重しや土砂の流出対策などとして使いたい場合はしっかりとした重さがあることが求められます。吸水後15〜18キロくらいになるものがよいでしょう。11キロくらいだと重しとしては機能性が低いのでおすすめできません。実際に使用してみた人の口コミや感想をチェックするのもおすすめです。

Copyright© 2018 イベントで大活躍の客席【サイズバリエーションも豊富】 All Rights Reserved.